良い求人があれば申し込む

求人応募の際の電話

礼儀

求人に応募する時の電話

良い求人募集があった場合、まずは電話で面接の申し込みをすることがよくあります。実際は、そこから面接が始まっているようなものであり、第一印象が作られます。顔がわからないから、まだ面接ではないからと、気を抜いた態度で臨むと、せっかくの案件を逃すことにもなりかねません。求人募集は、雇用側も早く人材を見つけたいという思いを持っているので、電話がかかってくるのはありがたいことです。しかし、一緒に働く仲間として、能力や肩書き以外に人柄を考慮する職場も多いです。数分間の出来事ではありますが、ちょっとした印象の差で、今後が違ったものになることがあります。

電話連絡ではメモを忘れず

求人に応募する時に電話をすることが多いですが、その時にはメモを取る準備をしておくと良いです。話しながらノートやペンを引っ張り出してガサゴソと動くのは避けたいところです。応募に関する内容としては、メモする量はあまり多くならないかもしれませんが、数が少なくても面接の日時など、重要度は高いですから、きちんと控えておくことが大切です。普段は十分記憶できるようなことでも、こういった電話連絡の場合、緊張してしまい、頭に入ってこない恐れもありますから、慎重さを持って対応していくと言う心がけが求人応募では大切と言えます。

↑PAGE TOP